読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

邦楽のススメ

音楽ブログになりきれない自称音楽ブログ。インディーズに興味を持ってもらえるように努めます!

紅白出演決定ゲスの極み乙女。のRADWIMPS現象

ゲスの極み乙女。知らない人はいないでしょう。つい先日、「私以外私じゃないの」がレコード大賞の優秀作品賞 に選出され、メディアの露出も多く、来年2016年3月には武道館も控えているゲスの極み乙女。だが、ついに国民的番組の”1年の締めくくり”とされるNHK紅白歌合戦に出演が決定した!おめでとう!

 NHK紅白歌合戦が出場者に求めるものは基本的に1年間に”ヒット曲”を出した歌手を対象としている。またNHKが発表したところによると、「今年の活躍」「世論の支持」「番組の企画・演出と一致していること」の3つに重点を置き選考しているよう。これはNHKゲスの極み乙女。の一年間の活躍を認めているという事です。ゲスの極み乙女。魅力がすごいよ。

 

、、、、、、とゲスの極み乙女。少し持ち上げてみました。ここまでこのブログを読んでいただいて、喜んで「うんうん」と頷いた方大変申し訳ないm(__)m

でも、そういった方にこそ読んでもらいたいのです!

ゲスの極み乙女。は2013年くらいに知ってインディーズ時代から見てきました。ゲスの極み乙女。についてまとめた記事があるので、是非読んでみて下さい。

NHKも紅白も持ち上げました。実際の出場者の選考は所属する芸能事務所毎の一定の枠がほとんどです。だって、アイドルばかりじゃないですか。この事態がおかしいと思っている方は結構いられます。

レコード大賞も持ち上げました。毎年、「AKB or EXILE系のどちらかの為のイベントだろ」「出来レースだろ」という声が多いように思えます。

 

RADWIMPS現象

さて、本題です。RADWIMPS(以下RAD)はご存知でしょうか。中には”中二病音楽”と言って卑下する人もいますが。

実体験(当時中二)の話です。

管理人はアジカンのアルバム『マジックディスク』ばかり聴いていました。それ以外に音楽という存在自体がないような程、聴きました。ターニングポイントはラジオで流れていたRADの新曲「狭心症」「DADA」。新しい音楽への感想は「へーやるやん」と少し上から目線でした。ラジオ内で人気だった事もあり、何回も聴いていくうちに好きに。そして、RADも好きに。

実際、RADの新曲は結構好きだったんでしょうね。耳に留まったわけですから。しかし、現在の管理人はRADWIMPS好きといえば好きですが、それよりも好きなアーティストさんはたくさんいます。今なら”中二病音楽”と言われる由縁も分かってしまう程に、当時の管理人の音楽の世界というものは狭すぎた(=RADWIMPS現象)。より好みのアーティストが見つかれば交換していく。音楽というものはそういうものです。だからこそ、音楽は面白いです。自分のドストライクな音楽に出会った時の喜びは何ともいえないものがあります。その交換していく過程で自分の中にずっと残っていて、廃れない音楽、アーティストに対して、そこで初めて”好き”という言葉を使うんじゃないでしょうか。(それまでは”好み”という言葉かな)

 

ゲスの極み乙女に食いついた方々へ

釣りブログのような形になってしまって申し訳ないm(__)mこういう事をしなければ、食いついてくれないので。

今、「ゲスの極み乙女。」というバンド名に食いついてこのブログを見ていただいている方、理解出来たでしょうか?何が悪いのか?たくさんの音楽を聴いて、どんどん”好み”の音楽、アーティストさんを見つけていきましょう!その為には最初はYOUTUBEの関連動画を片っ端から聴いていきましょうorラジオを聴きましょう。そして、音楽の新たな面白さに気づいてほしいですね。(このブログ内でラジオについての記事もありますので是非、ラジオタグ付けたのでそちらから)

 

ここまでどうだったでしょうか?上記の貼り付けの記事には「ゲスの極み乙女。が何故売れたのか?」という問に答えを持ち合わせていませんでした。今回、答えましょう。

 

ゲスの極み乙女。=技術の高さ+ルックス+RADWIMPS現象

 

そもそも、ゲスの極み乙女。RADWIMPS現象になりやすい一般の方があまりなじみのない、一風変わった音楽を演奏するバンドだと考えています。凄く悪く言えば中二病音楽、高二病音楽。しかもそれに技術が高く(個人的にベース凄い)、ルックス(個人的によくわからないが)までいい。それは売れますわ。

 

 結果、何が悪いのか?

ゲスの極み乙女。で止まっているのがいけない。さらに好みの音楽を探さなければならない。でも、さらに音楽が存在しているという事自体を知らない方が大半なのではないかと思う。実際当時RADを知り始めた時なんて”インディーズ”なんていう言葉聞いた事もないし、知る由もなかった。その状態に近いと思う。「もっと音楽は広がっていますよ」と言ってあげるだけでも全然違うと思う。音楽を受動的に聴くという機会が減少していますから、無理もないんですけど。

そこで管理人はこのような音楽紹介ブログをしているわけです。「こういう音楽どうですか?」と。

 

↓ こちらも

 

 ◇管理人の雑談

これを見て不快になった方申し訳ないm(__)m

売れた理由はこれ以外にも色々要因はあると思いますが、少し脱線してしまうので省きましたm(__)m

「全ての音楽を聴け!」とは言いませんが、自分の好みのジャンル、方向性が分かるくらいに、たくさんの音楽を聴いて下さい。そして、もう一度ゲスの極み乙女。を聴いて下さい。恐らく違って聞こえます。中にはゲスの極み乙女。がドストライクな方もいらっしゃるかと思いますが。

「インディーズシーンの音楽を聴いている奴は周囲の人と違う音楽を聴いているという優越感に浸っている」という風潮があります。確かに管理人も最初は浸りました(笑)でもこのブログを見てもらうと分かりますよね。YOUTUBEの再生回数0回以外は誰かしら知っていますからね。世界は広いです。

管理人は幸いラジオを聴いていたので良かったですが、RADWIMPSで止まっていたら、、、と思うと(-_-;)。今聴いても「ぅ、うん。昔好きやったよな」と思います。勿論、曲によっては「やっぱりいいな!」と思う事もあります。何回も言っていますが、このブログはラジオ推奨です。是非ラジオで音楽を知ってほしいです。それなら、このような事態にはならなかったと思います。本当にラジオを聴いていて良かったです。

 

 ※コメント等よろしくお願いしますm(__)m