邦楽のススメ

音楽ブログになりきれない自称音楽ブログ。インディーズに興味を持ってもらえるように努めます!

Gotchの政治的発言について苦言を呈するなら、まず「The Future Times」を読もうよ

どーも、「原発のウソ」という本を買おうと思って本屋に行ったら在庫切れだった管理人のJYUNです。amazonでも在庫がないらしい。

 

アジカンGotchの政治的発言について結構批判的な意見が多いので、少し僕から言わせてもらいます。

 Gotchの政治的発言は3・11以降に多く見られるようになって、twitterでGotch名義で発言しています。

 これに対して、

ミュージシャンは曲だけ作ればいい

もうtwitter止めてくれGotch

 とか批判的な意見が目立ちます。

 分からないでもないですが、ちょっと待ってください!

「The Future Times」ってご存知ですか?

Gotchが自費で発行している新聞のことです。※めちゃめちゃお金かかるらしい

僕も全然知らなかったのですが、アジカンのルーツについて調べている際に見つけました。

 

今泉亮平×Gotchの対談より一部引用

※今泉さんは再生可能エネルギー推進協会理事でバイオガスプラント事業にも携わっている方です。

今泉

電力会社は日本で10社あるんですけど、独占でしょ。だから、小さな発電者がたくさんできることは面白くないんですよ、独占を犯されることに対して。再生可能エネルギーを完全に否定する側に入ってしまうんですよ。“原子力が一番安い”と言われていますが、実際は安くないんですよ。要するに、“再生可能エネルギーは高いんですよ”と、偽ってお役人や業者が値段を出しているんです。それで一般の人に、“再生可能エネルギーはとても高くて採算が合わないんです。これを採用すれば、みなさんに負担がかかるんですよ”と、言い続けてきたんです

Gotch

今泉さんが事業をやってきた実感としても、そんなことはなくて(再生可能エネルギーは)安いという感じですか?

今泉

そりゃ安いですよ。特に私がやっているバイオガスというのは、原料は廃棄物なんですよ。廃棄物っていうのは、処理するときにお金がもらえるんですよ。普通は石油を買って発電するじゃないですか? ところが、我々の場合は逆にお金をもらえるわけです。生ゴミでも家畜糞尿でも処分するのに困るものを、1トン1万円くらいで引き取って、それを使って発電するんです。

Gotch

なるほど

今泉

ところが、そんなに良い技術なのに日本では全然普及しないんです

Gotch

僕は今回初めてそういう事業をされている方にお会いして話を聞いたので、ちょっと驚いています

今泉

どうして、こういう儲かるシステムをみんなが知らないんだろうと。国民一般の認識が非常に低いことを感じて、これはNPOか何かで啓蒙活動をしなければいけないと思ったんです。それで5年前から、『再生可能エネルギー推進協会』っていうのを、何人かの友人でスタートさせたんです。ところが、我々は小さい団体だし声がなかなか届かない。5年前は今よりももっと国民の意識もそちらに向いてなかったですから。“再生可能エネルギー”って言葉すら、行き届いてなかったんですから。“再生可能エネルギー”っていうのは、国際的な概念なんですね。日本では“ソフトエネルギー”とか、“新エネルギー”とか、いろいろと言い方はあるんですが、定義をしないと物事が進まないので、それでヨーロッパでは何回も繰り返し使える、再生が可能だということで、“再生可能エネルギー”となったんです。“renewable energy”というんですけど、これが共通の用語になっているんです。日本はなかなか政府が使わせようとしなかったです。“renewable energy”を訳せば、“新エネルギー”にはならないですから。“renewable energy”ってことは、水力にしても風力しろ太陽光にしろ、私から言わせれば“新エネルギー”ではなくて“旧エネルギー”なんです

Gotch

どういうことですか?

今泉

人間の歴史が始まって古来から使っていたエネルギーはそれだけなんです。木を切ったり藁を燃やして火を起したり。だから、そういうエネルギーを使うってことは、人間の文化ってことから捉えても理にかなっているわけです。繰り返し使われてきて、地球の環境が保たれてきたわけですから。ところが、石炭や石油を掘り出して、それを燃やすことによって二酸化炭素が増えていった。温暖化には様々な異論がありますけど、気候変動っていうのはある程度否定できない事実でしょう。これは、明らかに人間の科学に対する傲慢さというか。日本は経済大国と言われ、発展することが正義だと言われ続け、そこに異論を唱える人がいたとしたら“お前が何を言っているんだ”と言われてしまう。ところが、バブルが弾け失われた10年くらいから、どうもこれはおかしいと考える人もぼちぼち出てきたんですね。“給料が上がることが、生活が便利になることだけが、本当に幸せなのか”と。でも今でも日本人の7、8割の人が成長妄想というか、成長して国が発展していかなければならないと思っているじゃないですか

Gotch

本当に僕もそう思いますね。資本主義経済がある種の疲弊というか、矛盾というのが露になってきていて。そういうこともずっと考えていたので

今泉

再生可能エネルギーを利用しなければいけない動機は、ふたつあったんです。ひとつは、気候の変動です。もうひとつは、石油の枯渇です。石油、石炭、ウランもそうですが地下資源というのは、人間が掘り起こし続ければいつかはなくなるわけです。今は、世界の人口が約70億です。これが、あと数十年すれば100億を超えると言われている。世界の生活水準もだんだん平均的に上がってきている。アフリカや南米の生活水準も上がると先進国並みのエネルギーが必要になってくるでしょう。そうなれば石油もどんどんなくなっていく。そこで、再生可能エネルギーにシフトしていけば、石油も使わなくなってくるわけです。だから、化石燃料と言われている石油、石炭、天然ガスをなるべく使わない方向で考えていかなければいけない。ところが、ここへきて第三の原発問題まで浮き彫りになってしまった。原発問題が浮上して、前者2つが隠れつつありますが、ここも忘れてはいけないことです。年間の使用量で考えると、あと37、8年でなくなる計算になるんです。そこまで持たないかもしれません。そういう時代が来るというのに、みなさん非常にのんきに構えていますよね。天然ガスにしても63年、石炭にしても218年。それくらいしかないんです

Gotch

その数字は、世界的な基準なんですか?

今泉

これは、新エネルギー財団っていう、国の機関が出している数字です。だから、私の孫の代には石油はなくなるでしょうね。去年の10月に、IEA(国際エネルギー機構、先進20ヵ国が加盟)が、2006年にオイルピークは過ぎたと発表したんです。このニュースは世界中で大騒ぎになって、どこの国の新聞も取り上げたのに、日本ではどこも取り上げない。日本で話題にしているのは、探求意識のある個人のTwitterという状況。エネルギーナショナリズムっていう動きが始まってますけど、資源を持っている国は強いわけですね。そういう国もエネルギー資源を出さないようにしているわけです。あらゆる意味で、エネルギーは社会の基礎ですから、それが高くなったり不足したりするということは経済的に大きな打撃になるわけです。そこでヨーロッパのエネルギー政策としては、そういうことから“renewable energy”、“renewable source”、再生可能エネルギーを利用して維持可能な社会に作っていこうとしているんです。それが普及することによって、今度はサステーナブル、維持する持続可能な社会、地球の埋蔵資源を使わないで発展できるだろうという、そういう社会にしようというのがヨーロッパの考え方です。ヨーロッパでは2020年には、一次エネルギー(電気だけでなく、車、ありとあらゆるエネルギー)の20%を再生可能エネルギーにしようとしています。2040年には世界の一次エネルギーの50%、電気の100%を再生可能エネルギーにしようと動いているんです。そうしないと地球全体が持たない、共倒れしてしまうというのがヨーロッパの考え方で、本気で取り組んでいるんです。それは新しい産業革命なんですね

Gotch

なるほどね

今泉

新しい産業に生まれ変わるわけです。そこにいかに大きな経済効果が出てくるか。まして、今までの既存のエネルギー産業、原発なんかは、三菱、東芝、日立という三社しか儲からないわけです。だけども、再生可能エネルギーというのは、みんな小さいんですよ。各県で何ヶ所も作らなきゃいけない。すると、たくさんの会社ができてきます。加えて、自然やゴミや作物が相手だったりするので、それごとに対処が違うので規格化できないんです。大工場のような、大量生産方式が通用しなくなるんです。一件ずつカスタマイズしていかなければいけないんです

Gotch

同じものがいくつもあるんじゃなくて、場所にあったものをということですね。そうすると、地方でも雇用が生まれるわけですね

今泉

そうです。各地域に産業も生まれてくるわけです。ひいて言えば、自治の問題にもなってくるわけです。東京一点集中というのを壊すことにもなってくる。地方に文化が広がっていく可能性が大きくなってくる。これは単なるエネルギーだけの問題じゃないんです。社会のシステムそのものが変わっていく可能性があるんですね

Gotch

すごいですね。この話は地方に住んでいる若い子たちに、もの凄い夢のある話ですね

今泉

自分が起業して大成功する可能性もあるわけですから。それを成功させたら、日本だけではなく世界にも持っていける話ですから

 

Gotch

僕が思うのが、毎朝ウンコするじゃないですか。バイオガスってそれも使えますよね?

今泉

使えますよ。だから、そういう捨てられるもの、家畜の糞尿や残飯なども全部そうです。ヨーロッパでは、そういう廃棄物からエネルギー作物っていう考え方になっています。日本でも、耕作放棄地、休耕田、傾向地、減反農地、そういう農地が何万ヘクタールもあるわけです

Gotch

僕らも地方にツアーに行くと、たくさん見かけます

今泉

ありますよね。そういう農地にひまわりだとかとうもろこし、エネルギーになる作物を植えていくわけです。日本は、農業というと食物を植えるという考え方ですが、ヨーロッパでは畑で石油を作るという考え方です

Gotch

ひまわりの種から油を採って、残りも使うと

今泉

残りかすもガスにしたり、肥料にしたり。そして、肥料は畑に撒くことによって化学薬品や農薬などは使用せずに、非常にいい循環が生まれるわけです。これがだから、江戸時代以前の自然の循環社会ですよね

Gotch

捨てるところがなかったわけですからね

今泉

そうです。江戸時代は、お百姓さんが侍の屋敷はし尿がたくさん出るからと言って買いに来たわけですから

Gotch

そういうことになるんでしょうね

今泉

逆に言えば、これからウンコが売れる時代になるかもしれないです

Gotch

それは錬金術というか、すごく面白いですよね

今泉

面白いですよ。これからは、先が読める人が大成功しますよ。そういう大きな変革の時代を迎えると思います

Gotch

海外の再生可能エネルギーに関する会社の状況はどうなんですか?

今泉

ヨーロッパでは再生可能エネルギーに関するいろいろな会社が出てきているので、雇用も生まれて、エネルギーの価格も競争していますね。そうなるように国の政策を決めていますね。日本では企業が談合してしまうので、価格競争もないから値段も下がらないわけですね

Gotch

再生可能エネルギーが普及しだしたら、家庭の電気代も下がりますよね

今泉

もちろんです。各家庭が再生可能エネルギーで賄えるようになったら、電気は買わなくていいということになるわけですから。どんどん下がっていくでしょうね。それから再生可能エネルギーは、災害に強いというのは間違いない

Gotch

それはいいですね

今泉

大元の大きなエネルギーをみんなで共有するわけではない、分散型ですから。再生可能エネルギーは分散していくのが重要です。ソーラーも風力もバイオもあること。太陽が沈んだらバイオガスを使うとか、お互いに補え合える関係にあることが需要で、どれは必要ないということはないんです。その土地土地に合ったものを

Gotch

畜産が盛んなところは、牛糞からバイオガスとか

今泉

そういうことです。今ドイツでは、原発にして2基分をバイオガスで対応していますよ。6000〜7000件の農家が、畑で作ったとうもろこしや麦、それから牛糞や鶏糞を使って再生可能エネルギーを生んでいるんです。これを“糞力発電”なんて言うんです。牛4頭の糞から一件の家の電気が賄えるバイオガスが取れるんですよ。バイオガスとはメタンなんです。有機性のものをバクテリアが食べて、メタンに変えるわけです。それを人間が、層の中に入れて人工的にやろうとしているんです。そのバイオガスを作るドイツの技術を私が日本の業者さんに紹介して、そのガスプラントを開発している最中です

 長かったでしょうか?少しまとめてみます。

 

◇まとめ

・ヨーロッパでは原発ではなく再生可能エネルギーを利用する動き

→既にドイツでは原発にして2基分をバイオガスで対応

再生可能エネルギーは安い(うんこで発電できる)

・電力会社にとって再生可能エネルギーは不利(原発で儲からなくなる)

再生可能エネルギーで地方の雇用も獲得できる

・捨てるところがない自然の循環社会

・電気代が下がる

 

◇すべてを鵜呑みにしないでください

上記の対談を読んでどう思いましたか?僕は初めて読んだとき衝撃の連続でしたね。「原発反対!」という声に「それじゃあ、それに代わる電気の生み出す方法考えろよ」

「それじゃあ電気使うなよ」とか思ってましたからね。高校教師の受け入れですけど。こういった方法があるんですよ。

ここまでベタ褒めしていますが、すべてを鵜呑みにしないでください。まずは原発について再生可能エネルギーについて自分なりに調べましょう!そして自分で発言出来るくらいに知識をつけましょう!僕も調べている途中です。そして自分なりの答えを探し出してください。

これだけ読んでも偏った知識だと僕は思っているので。知らないことばかりですが。

 

f:id:JYUN:20160330204740j:plain

◇管理人の雑談

上記の対談読んで興味を持った方は是非「The Future Times」も読んでみて下さいm(__)m非常に興味深い話が載っていると思います。僕もほとんど読みました。

今泉亮平×木下理樹×後藤正文対談 も上記と似た内容で、面白いです。ドイツでは”車はエネルギーを使うから極力使うな”というデモが起こるらしい。

Gotchの話になるのですが、「安倍死ね」「自民党に投票した奴はアルバム聞かなくていい」とか発言したのが信じられないくらい「The Future Times」の記事は良い活動だと思っています。政治家よりも信用に値します。ちょっと差別的な発言ですよね。「韓国人は、日本人は」って言っているのと似ている気がします。自民党に投票した人の中にも積極的に投票した人と消極的に投票した人で若干違いがあると思うし。韓国人が全員同じ思想をしているはずがないし。言葉の暴力というか、差別というか。その前に同じ人間だという事を忘れているんじゃないですかね。

ちなみに、僕は若干左翼よりな思考です。若干ね。

※コメント等よろしくお願いしますm(__)m