読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

邦楽のススメ

音楽ブログになりきれない自称音楽ブログ。インディーズに興味を持ってもらえるように努めます!

漫画アニメ原作のドラマ映画が増えている理由を知って、ただただ笑った

雑記

 一時期話題になっていたらしい。

管理人は知らなかったんだけど。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の実写化が発表された去年、話題にあがっていた。

f:id:JYUN:20160329114137p:plain

「何故、漫画アニメ原作のドラマ映画ばかりなのか?」と。

 管理人もつくづく思っていたことだ。

個人的には人気の漫画アニメの影響を話題作りにしているのだろう、とか思っていたのだけど、どうやらそれだけではないらしい。

 

 以下マンガ・アニメ原作のドラマが増加&失敗する理由が悲しすぎる!より引用。

 

今の風潮をテレビ業界はどう思っているのか?

ある脚本家に聞いた。

本音を言えば、原作のないドラマを作りたいです。でも、オリジナルでストーリーを書いて、どんなに面白いと自分が思っても、テレビ局には企画が通りません。今は三谷幸喜さんや野島伸司さんなどの大御所しかオリジナルストーリーの企画は通らないと言われていますからね。局から言われた原作ものを脚本化する仕事ばかりの毎日です

現場のスタッフはオリジナルストーリーを書きたいとのことだが、なぜ原作ものが多いのか。プロデューサーに話を聞くことができた。

ドラマでも映画でも、企画段階でプロット(あらすじ)や脚本を作成しますが、オリジナルストーリーの場合には当然ながら文字しか見せられるものがありません。そのため、局の上層部やスポンサーの承諾を取ろうと脚本を読んでもらっても、本当に面白いのかどうか理解してもらえないのです。そこで上層部に理解してもらうために、既に絵や映像がある漫画やアニメに手を出すのです。それらを見せて『これをドラマ化します』と言えば、スムーズに企画が通るのですよ

ここで声をあげて笑いました(笑)「局の上層部やスポンサーって小学生がやっているんですか?」って問いただしたくなる。局の上層部やスポンサーが悪いんですね。脳無しに教えるのは大変でしょうね。管理人なら退社するわ。こんな無能な上司の下で金貰っても何か恥ずかしくなる。

ドラマを作る際には、視聴率がどの程度取れるのかということも提示しないといけませんが、漫画や小説の場合には『何万部売れた』と言えますし、アニメも『視聴率が何%取れた』と提示できますので、説得しやすいのです。その反面、いくら面白いものを作れる自信があっても、提示できるデータが何もないオリジナル脚本はボツになります。三谷さんなどのドラマは過去の実績があるので企画が通りますが、若手脚本家ならばボツです。若いスタッフも育ちませんから、このままではいけないとは思っていますが、どうしようもないですよ

先ほど管理人が言った話題作りと少し似ていますね。視聴率の話は。

もう若手が育つ方法すらないなら、負の連鎖ですね。テレビ業界に未来はない。管理人は現在でもイライラしているのに。

これ読んでいると上層部とスポンサーを悪徳商法で騙している気分(笑)

せめて原作をそのまま映像化させてくれれば、原作ファンから怒られずに済むのですが、局の上層部は『ドラマ化するには内容を変えろ』とか『視聴率を上げるため、男しか出ない作品に女を出せ』などと言ってくるのです。その結果、原作の世界観を壊してしまう上、ストーリーも無茶苦茶な方向に進んでしまい、誰からも愛されないドラマができあがるのです。さらに、スポンサーの業種によっては原作の名シーンをカットすることもあります。たとえば自動車メーカーがスポンサーの場合、※カーチェイスシーンはカットですし、飲酒もNGという具合になります

※自動車と自動車で行われる、壮烈な追跡。逃走しようとする車と、それを追跡しようとする車とのレースのこと。

   f:id:JYUN:20160209172555j:plain

これには原作ファン激怒していますからね。管理人はあんまりドラマ映画観ないんで、良く分からないんですけど。

上層部は脳無しのくせに色々文句言ってくるんですね。小学生から幼児にレベルが下がるね。これは。

スポンサーも酷いね。映画ドラマ観ている人はそこまで考えてないのに。文字は読めないのに、こういうのは頭働くんですね。カーチェイスシーンはカットって。洋画とかなら結構観ますよね。迫力あってその映画の見せ所だと思うんですが。それもダメって。んじゃ映画なんて作らなければいいんじゃないかな(笑)

 

◇作れば儲かる

しかし、これだけではない。

まだ漫画アニメ原作のドラマ映画が増えている理由が存在する。

 

ここで、実際ヒットにした実写映画を一部あげてみる。

ヒットの基準は10億円以上と言われている。30億円を超えたら大ヒットと言われるようになる。また続編の決定も場合によるがあるらしい。

『ROOKIES 卒業』 85.5億円

『THE LAST MESSAGE 海猿』 80.4億円

るろうに剣心 京都大火編』 52.2億円

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』 44.1億円

GANTZ』 34.0億円

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 』32.5億円

『orange オレンジ』30億円(は確定と言われている)

『映画 暗殺教室』27.7億円

『ヒロイン失格』24.3億円

ストロボ・エッジ』23.3億円

モテキ』 21.5億円

『アオハライド』19.0億円

バクマン。』17.6億円

寄生獣 完結編』 16.9億円

一応最近の映画も載せたつもりです。

しかも日本映画はハリウッドに比べると製作費が安く、だいたい3億円~5億円ぐらいが相場。

しかも、原作コミックス、連載誌においてピンポイントでファンに宣伝できてしまう為、広告費も大幅にカットできる。

商業的に言えばこんなに大きなチャンスがあるのに、実写映画を作らないわけがないんです。

ボロボロに酷評されている『進撃の巨人』ですら30億円超えてますからね。
製作費を考慮すればボロ儲け。

 

というわけで、

一番の理由は

ローリスクハイリターン

いうなれば、作れば儲かる。

これほど最強な言葉はないですよね。

 

◇つまり映画なんてもの観るな!

まあまとめると、儲かるから映画を作るんですよね。どんな酷い実写映画であろうが、なんであろうが。

儲からないなら作り手も何かしら考えるのに、ヒットまたは大ヒットしてしまう現実。

ついにあの名作漫画が実写化!のキャッチコピーに

顔が繕った旬の俳優や女優(と呼べるかわからない程の演技をするアイドル)に

適当な脚本に、低予算の製作費を組み合わせた

安い安い安い安い安い映画を誰が観るんだ!

 

◇管理人の雑談

 まあ酷いね。上が脳無しだと下が大変ですわ。

 少し前だけど、るろ剣はまだマシだと聞いた。キャスト見れば、本気度は分かるけどね。

あ~、あと1年したらこの俳優とか女優消えるだろうなっていうキャストは「あ(察し)」って感じじゃないですか。

商業的映画というかなんというか。音楽も似たようなものだと思うけどな。本当に演技とか好きなら映画なんか観ずに、演劇とか舞台とか観に行くんじゃないかな。メジャーとインディーズみたいだね。メジャーが悪いとは思わないけど、泥の中から金塊を探すのは難しいと思うな。