邦楽のススメ

音楽ブログになりきれない自称音楽ブログ。インディーズに興味を持ってもらえるように努めます!

音楽初心者よ、まだYoutubeに頼っているの?音楽を探すにはwikipediaが一番いい理由

 どうも、最近喉の乾燥が酷い管理人のJYUNですm(__)m

朝起きた時に喉がイガイガするんだよね。

ところで、Youtubeってご存知ですか?

              f:id:JYUN:20160127215826j:plain

今や誰もが知っていて当たり前。そのへんの小学生でも「そんなもん知ってるわい!」と怒られそう。

 

さて、「このYoutubeよりもwikipediaの方が音楽的に優れているだと?」「馬鹿なことを言うんじゃないよ!」と声が聞こえてきそうだが、説明していこう。

 

Youtubeのデリミット

Youtubeの関連動画を利用している人はかなりいるだろう。

管理人もその内の1人だ。クリックしまくる。

特に中2、中3の頃はYoutube(とラジオ)が音楽の情報源だった。関連動画で新たなバンドを探していた。今でもそれは変わらない。

 

しかし、結構時間がかかる。1曲5分計算で1時間で12曲しか聴いていないことになる。そして、いつの間にか時間が経っている事に気づく。

1、2時間なんてあっという間だ。これは非常に効率が悪い。

 

ここで、登場するのがwikipediaだ!

 

wikipediaのここが凄い!!

大前提で好きなアーティストが1組は絶対に必須です。

今回はKANA-BOONを例に話を進めていこう。

wikipediaより一部引用。

f:id:JYUN:20160127220524p:plain

 ギリギリ読めるだろうか。重要な部分をこれまた引用していく。

vo/gt.谷口 鮪

 学生時代にマキシマム ザ ホルモンを聴き、音楽が好きになったとのことであり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONも憧れであると語っている

 gt.古賀 隼斗

Nothing's Carved In Stoneの生形真一のギターの奏法に最も影響を受けた

ba.飯田 祐馬

BUMP OF CHICKEN直井由文に最も影響を受けた

dr.小泉 貴裕

ASIAN KUNG-FU GENERATION伊地知潔のプレイに最も影響を受けた

 wikipedia KANA-BOONの概要より

高校時代はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしていた。

代表して谷口 鮪と小泉 貴裕の意見を採用(特に作詞作曲している中心人物を優先すべき)&高校時代はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしていたということもあり、ASIAN KUNG-FU GENERATION(以下アジカン)について調べる。検索検索。

f:id:JYUN:20160127221837p:plain

 

ここで初めてYoutubeを利用します。「アジカンってどんな曲調なの?」と知るために。

※この時1曲だけ聴いて、このバンドが良いのか悪いのか判断するのは止めよう!

youtu.be

他にも曲はありますが、Youtubeに存在するアジカンの曲を概ね聴いて、このバンドが良いのか悪いのか判断します。

 

ここで分かれ道です。

良→このまま下記を読んでもらう。

悪→先ほどKANA-BOONのメンバーが挙げたようなバンド、マキシマム ザ ホルモンBUMP OF CHICKEN、Nothing's Carved In Stoneを聴いてもらい、例によって調べてもらうといいと思います(投げやりで申し訳ないm(__)m)

 

 では、続きます。

 

 これまたwikipediaより一部引用。例によって中心人物の後藤正文について。

f:id:JYUN:20160127222930p:plain

重要な部分を引用。

後藤正文

 好きなアーティストは、サザンオールスターズナンバーガール、オアシス、ウィーザーティーンエイジ・ファンクラブレディオヘッドthee michelle gun elephantユニコーン奥田民生eastern youth向井秀徳など。また、親交の深い細美武士の大ファンであり、インタビューなどで細美武士による楽曲を高く評価している。

 KANA-BOONの時と同様、例によってサザンオールスターズナンバーガール、オアシス、ウィーザーティーンエイジ・ファンクラブレディオヘッド、、、、と調べていけばいいということが分かるでしょう。

 ELLEGARDEN(細美武士のバンド)

youtu.be

(細美武士自身もウィーザーを敬愛している)

 

wikipediaの凄さが分かっていただけただろうか?Youtubeの関連動画に頼らずともwikipediaの情報で効率よく音楽を探せるということが。

 

  次に、Youtubeの関連動画で実際に試してみます。

  先ほどと同じようにKANA-BOONを例に話を進めます。

 

Youtubeの関連動画の穴

KANA-BOONの「シルエット」の関連動画(一部)

f:id:JYUN:20160127203649p:plainf:id:JYUN:20160127204221p:plain

 関連動画は自分がYoutubeで聴いてきた動画履歴も少し関係します。

 管理人でもYoutubeでかなりアジカンを聴いてきたつもりですが、アジカンの関連動画はもっと下にありました。

KANA-BOONは高校時代にアジカンのコピーバンドをしていたといっても、関連動画には出てこない。これが現実です。

 関連動画を見続けたら、いつかアジカンに出会えるでしょう。しかし、KANA-BOONを知っていてアジカンを知らない人も当然出てきてしまう。

Youtubeの関連動画がどれほど頼りなくて、曖昧なものかよく分かってもらっただろう。

 

重要な部分って結局何なの?

wikipediaの重要な部分を引用していたが、重要な部分って何でしょう?

そのバンドのメンバーがどんな音楽に影響されたのか&どんな音楽を聴いてきたのかということです。音楽的にいうなら、「ルーツ」のことです。

ここまで、管理人がやってきたことはその一部です。KANA-BOONのルーツ、アジカンのルーツを辿ったのです。これはYoutubeで音楽を探す人には考えつかないことです。

他のバンドのルーツも是非辿っていきましょう!!そして新たな音楽に出会いましょう!

※ルーツを辿ることは凄く大切な事です。しかし、スムーズにその音楽を受け入れられない時が必ずあります。その原因は自分の音楽レベルの低さです。いろんなジャンルの音楽を聴く必要があります。自分の音楽レベルを上げてからもう一度、ルーツを辿ってみましょう。RPGゲームと同じです。因みに、管理人は深夜ラジオと音楽ブログとYoutubeでレベル上げしました。

 

◇まとめ

wikipediaの情報を元に音楽を探すこと」と「Youtubeで関連動画を頼りに音楽を探すこと」の差が分かっていただけただろうか?

アジカンが存在する世界と存在しない世界。

Youtubeの関連動画は当てにならないんですよね。それは再生回数が多ければ多いほど、関連性は薄くなっていきます。

wikipediaの情報を元に音楽を探してみよう!(=ルーツ)

Youtubeの関連動画は当てにならないことがある

ルーツを辿ることは大切!

 ※Youtubeの関連動画を否定している訳ではありません。あくまで、効率的かどうかという話です。管理人もYoutubeの関連動画で新たな出会いを模索している内の1人です。Youtubeの関連動画で模索している時も凄く楽しいですし。それはそれで面白いです。

 

↓ こちらも

 

◇管理人の雑談

 ルーツの話でした。初心者向けの話ではなかったですかね(-_-;)管理人もこのブログを始めるまではルーツのことなんて頭の中にはなかったことです。ブログを始めてwikipediaを多用することになったので、ルーツを辿るきっかけになりましたね。◇重要な部分って結局何なの?の下にも記載したんですけど、この手順がスムーズに進むことはなかなかありません。色んなバンドの曲を聴いて初めてルーツを辿ることができます。最終的には洋楽にたどり着きます。管理人が14歳から18歳までの5年間を費やしてやっと洋楽まで辿り着きましたから。まだまだ洋楽初心者です。

ルーツを辿ることは非常に重要なことです。音楽好きな人でもルーツを辿っている人ってなかなかいないんですよね。管理人も3カ月前くらいまではしていなかったことですし。これを機に是非、好きなバンドのwikipediaを見てもらってルーツを辿って下さいm(__)m 新たな出会いがきっとあります。そして、洋楽にも手を出して下さい。管理人はその真っ最中です。

 ※コメント等よろしくお願いしますm(__)m